翻訳サービスはまず見積もりを出してもらう

翻訳サービスは、原文を別の言語に翻訳するサービスです。

日本にある会社では、日本語と別の言語間の翻訳をするのが一般的な業務内容となります。英語が対象とされることは多いですが、広い言語に対応できる会社もあるため、マイナーな外国語から日本語に翻訳したいといった場合でも役立ちます。翻訳サービスの仕組みは、まず依頼をしたい文章を見てもらって料金を見積りしてもらうことから始まります。事前に単価がいくらか表示していないことも多く、この段階で初めて料金がわかることも少なくありません。

ただし、見積り時には文字単価でいくら、という表示をしてくることが多いため、高いかどうかを判断することはできます。見積もりは無料なので、いくつかの翻訳サービスを比べて選ぶと良いでしょう。見積り時には原文を提出することになるため、中身は見られてしまいます。つまり、企業秘密などの重要なことが描かれている場合でも、それは見られることとなります。

そのため、依頼することを検討する会社がきちんと守秘義務を守る会社かどうかはきちんと判断すべきです。もし、よくない会社を選んでしまえば、重要な情報が外部に漏れてしまう可能性があります。大手企業や官公庁と取引がある会社の場合はその点を心配する必要がないため、気にする方は実績面も見ておきましょう。よく、業者のホームページには取引先企業として取引先を公開していることがありますので、そちらが参考になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *