翻訳サービスの副業とは

翻訳サービスを副業としている人も多くいます。

本業は別に持っていて、追加の収入を得るために空いた時間で翻訳サービスの仕事をしているような人です。翻訳サービスというのは、ほぼ全くの個人ワークとなります。上司や同僚とのチームワークで進めるような仕事ではまずありません。また、仕事に必要なものも、原稿と辞書くらいのもので、いろいろな資料とかオフィス機器が必要になるようなものでもありません。

要するに、会社のデスクで上司や同僚と一緒になってでなければできないような仕事ではないわけです。その気になれば自宅で一人でもできますし、むしろそのように仕事をしている人が多いのです。ただ、個人のレベルではどうしても仕事を取って来れる分量に限りがあるでしょう。個人のレベルで安定して仕事を発注してもらえるくらいに実力を轟かせているような人はあまり考えられません。

その意味では個人の力というのはやはり限界があります。そこで、全般的な仕事の受注のみを行っている翻訳会社というものがあり、翻訳の仕事を頼みたい人は個人に頼むのではなくそのような会社に頼みます。しかし実際に翻訳を行っているのは会社にいる人ではなくて、その会社に登録したフリーランスの翻訳家であり、その人に仕事を回しているという形を取っていることが多いです。こうすれば、仕事を受注することに力をあまり注ぐことなく、ある程度安定して仕事を回してもらえることが期待できるためです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *