翻訳サービスの仕上がりの質を左右するもの

翻訳サービスの仕上がりの質を左右するものとして、チェック機能があります。

翻訳を担当した人が自分でチェックするだけでは本人が作ったものですので不自然な点を見つけることができません。システム上でチェックしてくれるものを構築しているところもあって、そういったサービスが導入されているところもおすすめではありますが、もっと良いのはネイティブによるチェックが行われるものです。ほとんどのところで行われているのではないかと勘違いしている人も多いようですが、実際にはあまり行なわれていません。

また、専門分野に通じている翻訳者がいることも翻訳サービスを選ぶ上で重要になります。その分野独特の言い回しや単語などが使われている場合には、全く知識を持たないと分かりにくい表現になってしまいますので、どのような分野に精通しているのかをあらかじめ確認しておくと良いかもしれません。翻訳サービスの質を決める大事な要素となる部分ですので、妥協せずに専門性の高い人材を抱えているところを選ぶことをおすすめします。

納期に関してはあまり早すぎない方が良いようです。スピード重視でアピールしている翻訳会社もありますが、あまりにも早い場合には工程のいくつかを飛ばしています。それが校閲である可能性はとても高く、質に直結する問題です。実際にどこを削れるかと考えてみた場合には校閲部分が一番削りやすくなっていますので、残念ながらスピードを上げるためにはカットされることがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *