日本は翻訳サービスの向上に力を入れるべき

今後の日本は翻訳サービスの向上に力を入れる必要があります。

というのは観光立国を目指すという事を決めているわけですから、外国人が利用しやすいようにするというのは当然の事という事になるからです。既にこの事は様々な所で考えられるようになっていて、今は主要な観光地だけがこの重要性に気づいて取り組みを始めているという事をしているだけで、まだまだ一般的なところまで翻訳サービスの向上の必要性が理解されてはいないと考えて良いかも知れません。

単にモバイル端末に入っているだけの翻訳サービスでは、道案内程度しか出来ないということになっていたり、日常会話レベルしか出来ないということになりますが、観光地を楽しむということになれば、その地域に根付いた情報提供がその観光客の言葉で出来なければ利用されやい場所という事にはなりません。そのため、折角の観光客が夜はホテルなどの宿泊施設に帰っていくだけで、飲みに出てきてくれるような事はなく、お金をあまり落としてくれないという事も問題になっているわけです。

折角お金を使いに来てくれているわけですから、そのような人達向けのサービスの向上というのは必要事項だと考えて良いでしょう。施設を新しく造るということになれば、これは大変な事になりますが、翻訳サービスを向上させるということであれば、それほどの費用もかかりませんし、施設を造る必用もありません。ソフトの開発だけで済むのですから、経済的ですらあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *