誰が翻訳サービスを提供しているのかを調べておこう

翻訳サービスを選択する時には、誰がそのサービスを提供されているのかということを事前に調べておくことが大切です。

翻訳サービスの中には、法人として翻訳を提供しているところだけではなく、副業などの形で個人でサービスを提供しているところも少なくありません。例えば、フリーランスとして翻訳のサービスを提供している人も存在します。フリーランスで提供している人が問題であるというわけではありません。ただ、法人だと考えてサービスを利用したのに実は個人であったということが後でわかった時には、トラブルに発展してしまう可能性も否定できません。

フリーランスの場合は、クライアントと直接的に自分自身でやり取りを行うことになりますので、金額面での相談をしやすいというメリットは確かに存在します。しかし、納品物に関してはそれを納品してしまうとその時点で契約が終了してしまうというデメリットもあります。一般的な翻訳会社では、納品された成果物に関して不満点が存在する場合には、それを修正するように要請することができます。

反対に、納品物を提出した段階でよしとしてしまうフリーランスの場合には、納品物に関して後から問題が存在するとわかった時であっても、そのクライアントに対してその問題を追及することが難しくなってしまいます。しかも、一度契約をしてしまうとお金を渡すまでは契約を一方的に切ることを難しくなります。このように、翻訳サービスを利用する時には相手がどのような形態でサービスを実施しているのかということを確認しておくから大切になるわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *