翻訳サービスをオフィスでのビジネスに活かすには

ビジネスなど様々な場面で英語の資料やメールを扱う事があるのかもしれません。

オフィスで仕事をしている人は特に多いです。そのような時、便利なのが翻訳サービスです。翻訳会社に依頼するか、クラウドソーシングを活用して翻訳者に依頼をするという方法です。一般社団法人日本翻訳連盟のサイトに掲載されている翻訳会社だけでも200社あります。クラウドソーシング型でおすすめの翻訳サービスです。トランスマートという翻訳会社はおすすめの1つです。ビジネス利用の方におすすめのサービスは、1文字10円から受け付けているようです。契約書やその他ビジネス文書などオフィスで必要な書類等の翻訳をします。

コンシェルジェというのもあります。ビジネス利用の方におすすめのコースで、定期翻訳業務やその他の専門性が高いものなどです。オフィスなどの場から日本語や英語の原稿をアップロードするだけで見積書の無料発行をします。24時間365日対応可能となっています。スピード翻訳という会社もあります。その名前の通り最短30分で届ける事ができる翻訳サービスです。

英語だけでなくて、欧米やアジア言語など多くの言語に対応しています。通常の翻訳会社だと連絡や担当コーディネーターとの原稿や見積りのやり取りなどで時間を取られてしまう事があります。営業時間にも左右されて、料金も5000円から10000円かかる事もあります。スピード翻訳ではこのような作業を極力自動化するようにしているので。翻訳会社の低価格化や納期を短縮して24時間365日依頼できるようなシステムができています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *