翻訳サービスを賢く活用、正確で分かりやすい翻訳を

外国人労働者の受け入れ拡大で、海外との取引先をもつ企業だけでなく、国内の個人店舗でも多言語翻訳が必要になるシーンが予想されます。

雇用する外国人労働者のためのマニュアルをはじめ、来店する海外からの観光客への注意書きやメニューの翻訳も必要になることでしょう。そのようなシーンで賢く活用するべきなのが翻訳サービスです。翻訳のプロならではの正確かつ分かりやすい翻訳で、外国人に言葉を伝えることはトラブルの回避にもつながります。とはいえ翻訳サービスは高い、あるいは面倒とお考えの方もおられるかもしれません。

翻訳サービスにはニーズに合わせて選ぶことができます。翻訳が必要な書類のタイプとボリューム、求めるクォリティから適切な翻訳サービスを選べばコストもおさえられます。翻訳会社は担当するコーディネーターが、依頼された案件を得意とする翻訳者に発注します。インハウスで翻訳している会社と外部の翻訳者に依頼するケースがあります。

ボリュームが多い案件は複数の翻訳者に分割して依頼するため、早い納期での仕上がりが可能です。コーディネーターが間に入り、納期厳守やクォリティを調整するので安心です。翻訳する書類のボリュームが少ない場合や、個人利用で気軽に発注したい場合はクラウドソーシングの翻訳サービスが便利です。クラウドサービス経由で、直接、翻訳者に依頼するのです。

オンラインから依頼するので、時間を問わずに発注可能です。一般的には企業が間に入らない、クラウドソーシングのほうが料金が安めの設定とされています。しかし料金をおさえた翻訳会社も多いのです。翻訳会社とクラウドソーシングは、それぞれにメリットとデメリットがあります。重要書類の機密保持は、翻訳会社のほうがより安全といえるでしょう。大切な書類の翻訳はまずは一度、翻訳会社とクラウドソーシングの両方に見積もりを依頼することをおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *